守川大史のリドラルイラスト2017年09月【解説付きだよ】


題名 ドア

 

■解説■

 

その丘には、 ドアがありました。 そのドアは、 その丘の向こうではなく、 別世界への入り口なのかも。

 

題名 月の観測塔

 

■解説■

 

その塔は、 月のための塔。 観測員さんが、 月の様子を見てみます。 今夜の月はどうですかね。

 

題名 風を感じる

 

■解説■

 

大地から、 ニョコニョコ、 葉がたくさん。 その葉の上で、 みんな、 風を感じます。 その風は、やさしい風かな。

 

題名 川の星

 

■解説■

 

川を見ていたら、 いくつもの船がいました。 そんな川には、 川の星もいます。 川の星は、 川を流れ、 やがて、 大海へ出たときに、 立派な星となるのかな。

 

題名 ぐるぐるな棒

 

■解説■

 

棒は、大地からのびていきます。 そして、 ぐるぐると曲がっていきます。 その曲がり具合で、 顔になるかもしれませんね。

 

題名 鉛筆の竜

 

■解説■

 

鉛筆を、走らせます。 スー 鉛筆の線が、 厚みを持ち、 やがて、 鉛筆の竜にもなるのかもしれません。

 

題名 スプーンとフォークの運搬船

 

■解説■

 

海を、船が進んでいきます。 その船には、 ビンが乗っています。 そのビンの中には、 スプーンとフォークがあります。 誰かの食卓の支度かな。

 

題名 ふたつの顔の谷

 

■解説■

 

そこは、谷に見えました。 ふたつの大きな顔が迫っています。 それが、 谷を作っているのね。 ふたつの顔の谷ですね。

 

題名 赤い月

 

■解説■

 

赤い月。 その人は、 空に浮かぶ赤い月を見て、 何を想いに馳せているのかな。

 

題名 ブロックキャラバン

 

■解説■

 

丘をブロックたちが、 進んでいきます。 ブロックキャラバンですね。 ブロックに、人を乗せて、 今日も、 ブロックキャラバンは東にも西にも行くのでした。

 

題名 ブランコ気分

 

■解説■

 

ぐらんぐらん 四角い形は、 空のどこかにつながり、 そして、 ぐらんぐらんしています。 乗れば、 ブランコ気分になれるかな。

 

題名 月のまわり

 

■解説■

 

大きな雲。 その雲の中、 月が見えます。 月のまわりには、 月にひかれていく魚たちは、 月に住もうとしているのかな。

 

題名 スイカの食べごろ

 

■解説■

 

そのお皿には、 きったばかりのスイカがのっています。 ぜひ、 新鮮なうちに、 スプーンで、 食べようかな。

 

題名 気球で

 

■解説■

 

気球で、 とがった山たちを越えてみました。 すると、 山の怪物がいました。 怪物は、山の中で、 どんな暮らししているのかな。

 

題名 大きな木

 

■解説■

 

その山の上で、 ニョッキ 大きな木が生えてます。 山のカラをやぶって、 その木は、 成長していくのかな。

 

題名 浮く船

 

■解説■

 

その船は、 風船のように、 浮くみたいです。 海の底の道を、歩いていけば、 海面に、 浮いているように見えるかな。

 

題名 イスに座って

 

■解説■

 

さてさて、 イスに座って、 その人は、 旅しているようです。 イスは、 怪物の上についています。 怪物の行くまま、 さあ、 旅を続けようかな。

 

題名 干す星

 

■解説■

 

糸を伸ばして、 その糸に、 星を干していきます。 干した星たちは、 太陽の光をうけて、 大きくなるのかな。

 

題名 島の浮く力の源

 

■解説■

 

その島は、 なんで浮いているのだろう。 浮く力の源は、 縁の下の力持ちのような人がいるのかな。

 

題名 移動

 

■解説■

 

その人は、 その小さな星へ向かってます。 その星への移動する乗り物は、 横長さんでした。 横長さんに乗って、 さあ、次の星も行こうかな。

 

題名 夜空の飛行

 

■解説■

 

夜、 星の明かりの下、 作業していました。 すると、 さらに明るさを上から感じました。 なんだろう。 月でした。 月が飛行しているのかな。

 

題名 雲の合間

 

■解説■

 

雲の合間。 雲は、合間を見ています。 合間には、 飛行船。 飛行船は、雲の合間続きに、 進んでいきます。 雲の先へと目指しているのかな。

 

題名 頭に

 

■解説■

 

さあさあ、 どんどん、 乗っていきましょ。 その人の頭に、 乗っていきます。 どれくらい、乗れるのかな。

 

題名 宇宙の川

 

■解説■

 

その星の周り、 流れがあります。 その流れは、 隕石たちが流れ、 魚たちも流れる宇宙の川なのかもしれません。

 

題名 上昇月

 

■解説■

 

雲の上にいたら、 月が上昇していくところでした。 月は、どんどんのぼって、 やがて、 朝日と入れ替わるのかな。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん