守川大史のリドラルイラスト2017年05月【解説付きだよ】


題名 壁な生き物

 

■解説■

 

壁の近くを、飛行しています。 すると、 壁は、 ただの壁ではなく、 壁な生き物のようです。 そんな生き物の口の中に、 暮らす人もいるみたいです。

 

題名 道の隙間

 

■解説■

 

いくつもの石が敷き詰められた道があります。 そんな道に、 隙間があります。 隙間からは、 生き物かな? 夜空のような生き物が広がっています。 やがて、 空へ完全にあがっていくのかもしれませんね。

 

題名 月を

 

■解説■

 

丘の階段を、 のぼってみよう。 すると、 階段の上で、 月に手が届きそうだな。 届くかな。

 

題名 どの窓かな

 

■解説■

 

竜は、 凧箱で暮らしています。 そんな凧箱で暮らしていると、 空に窓を見つけました。 どの窓に、行こうかな。

 

題名 異世界の入り口

 

■解説■

 

上下に、口を開けるのは、 異世界の入り口かな。 異世界には、 別の生き物たちが暮らしていそうです。 鳥も、変わっていそうですよ。

 

題名 ブロックな何か

 

■解説■

 

その人は、 何を持っているのかな。 ブロック? 植物? 植物なら、 日光の下へもっていくといいのかな。

 

題名 怪獣の口の中

 

■解説■

 

ワニは、 船に乗って旅しています。 旅しているうちに、 湖みたいなところに、 出ました。 おや、 湖かなと思ったら、 怪獣の口の中かしら。

 

題名 飛んで移動

 

■解説■

 

さてさて、 移動手段、 どんなもので、 移動しょうかな。 飛行機に乗せてもらって、 こんな風に移動しょうかな。

 

題名 雲へのエレベーター

 

■解説■

 

階段な塔の上、 エレベーターが、 雲の中より、現れました。 そのエレベーターは、 雲の世界へと連れて行ってくれるのかな。

 

題名 口の中通路

 

■解説■

 

怪物が、 大きな口を開けています。 そして、 その事によって、 口の中という通路が生まれました。 さあ、 あいているうちに通ろうかな。

 

題名 静けさ

 

■解説■

 

なんだか、 そこは、静けさの世界。 たくさんの塔も。 その塔の上の人も。 塔たちの後ろの大きな生き物も。 みんな、静けさです。 そんな世界を、 飛行物が、 二つ、飛んでいきます。 飛行物は、別の世界からの来訪者かな。

 

題名 砂漠の月見

 

■解説■

 

そこは、砂漠。 大きな土でできた顔が住んでいる砂漠のようです。 その顔は、 夜の砂漠の月見でも、 しているのかな。

 

題名 怪獣もいる空模様

 

■解説■

 

空を、 船に乗りながら、 眺めていると、 あらら、 なんだか、 怪獣が現れました。 怪獣もいる空模様なのかも。

 

題名 機械の調子

 

■解説■

 

それは、 何かの塔。 その塔の足元で、 その人は、 その塔の機械の調節をしているみたいです。 調子がいいといいよね。

 

題名 魚との出会い

 

■解説■

 

海の草原で、 黄色の葉を持って、 散歩していました。 すると、 魚と出会いました。 魚は、この葉に興味があるのかもしれませんね。

 

題名 月の破片飛行

 

■解説■

 

黄色の細長いのは、 どうやら、 月の破片のようです。 その破片たちは、 雲の上を飛んでいきます。 そんな破片に、 乗る人もいますね。

 

題名 ロボットの散歩道

 

■解説■

 

そのロボットは、 散歩好きのようです。 ロボットの散歩道は、 大きな細長い生き物のようです。 生き物も、 一緒に散歩しているのかもしれませんね。

 

題名 太陽の国

 

■解説■

 

その人は、 道を進みます。 その道は、 どこへとつながっているのかな。 どうやら、大きな門へとつながっているみたいです。 その門の先は、 太陽の国なのかもしれませんね。

 

題名 空中浮遊

 

■解説■

 

そこは、 いくつもの物が浮いた空中浮遊の世界。 その中でも、 とても大きなのに、 その世界の管理人たちが、 浮遊管理のために、 旅しているようです。

 

題名 星の家

 

■解説■

 

ハシゴをのぼろう。 ハシゴの先に、 星があります。 星には、 大きなドア。 星の家かな…。

 

題名 木の生き物

 

■解説■

 

木は、 日々、 成長しています。 その木は、 成長して、 こんな木の生き物へと進化したみたいです。

 

題名 その道

 

■解説■

 

道には、 色々な道があるみたいです。 その道は、 実は…。 知らなければ、 未知の道なのですかね。

 

題名 灯台と共に

 

■解説■

 

太陽が沈んでいきます。 そんな太陽を、 その人は、 灯台と共に、 見ています。 また、 明日、会おうね。

 

題名 耳より

 

■解説■

 

その人にとても耳より?な話。 耳よりの話は、 耳の中から、 聞こえてくるのかも。

 

題名 ワニの街

 

■解説■

 

そのワニは、 ワニの街を持っています。 鼻上に、 街があるのです。 ワニの街には、 どんな人たちが暮らしているのかな。

 

題名 星のカケラたち

 

■解説■

 

星のカケラたちは、 徐々に集まりだしました。 そして、 大きな星となります。 その星は、 空へとあがっていくのかな。

 

題名 壇上で

 

■解説■

 

壇上で、 その人は、 光を頭から、 生み出しています。 そこそこ、生み出したら、 降りるのかな。

 

題名 カタツムリ

 

■解説■

 

さあ、 カタツムリに乗って、 旅をしてみましょうか。 カタツムリとの旅の目的は、 太陽のような花を探す旅なのかもしれません。

 

題名 雲作り

 

■解説■

 

さあ、 ボールに、 雲の材料を入れて、 雲を作ってみましょう。 ボールから、 出来立ての雲たちが、 空へと巣立っていくことでしょう。

 

題名 気球を捕まえて

 

■解説■

 

ユラユラと気球が、やってきました。 その気球は、 水の気球のようです。 そんな気球を捕まえようとしていますが、 はたして、 捕まえられるかな。

 

題名 自分の木

 

■解説■

 

自分の中で、 日々、学んだことや体験したことが、 栄養となって、 木が成長していきます。 その木は、 いつの間にか、 こんなにも、 大きくなっているかもしれません。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん