守川大史のリドラルイラスト2017年04月【解説付きだよ】


題名 世界渡り

 

■解説■

 

ふたつの窓。 それぞれ、 別の世界へ、 船は、 波を作り、 そして、海を作って渡ってみましょう。 そうやって、 その船は、 別の世界へ渡り歩いているのかな。

 

題名 ビル気球

 

■解説■

 

そのビルは、 下にロープで、 ゴンドラをさげて、 気球として、 活動しているようですよ。 気球として、活動しているけど、 ビルとしても、 活動しているのかな。

 

題名 キャンプ

 

■解説■

 

雪解けと共に、キャンプへ出かけました。 夜、 テントから、 外を見たら、 大きな虫がいました。 春ですね。

 

題名 大木

 

■解説■

 

その丘には、 大木がいました。 その大木には、顔があります。 木の気持ちが、 聞けるかもしれませんね。 そして、 大木の上のほうでも、 何かしていそうですよ。

 

題名 アーチ

 

■解説■

 

竜は、 人々が用意したアーチに、 くぐっていきます。 竜のこれからの先にも、 アーチが用意されているのかしら。

 

題名 旅するナス

 

■解説■

 

大地を、 旅する者がいます。 それは、 ナスです。 ナスは、頭に、笠をのせて、 人ものせて、 旅しているようです。 そんな旅するナスを、 鬼がのぞいています。 一緒に旅したいのかな。

 

題名 空の落し物

 

■解説■

 

丘で、 大きなモノを見つけました。 空から、落ちたのかな。 空の落し物かな。 夜になったら、 空へと帰るのかな。

 

題名 自分の息

 

■解説■

 

その人は、 自分の息と会話できます。 自分の息って、 どんな話をするのかな。 息の物語がきけるのかもしれませんね。

 

題名 飛び出す星

 

■解説■

 

空には、別の世界の窓がいくつか、あいてます。 そして、 その窓へ、 星が飛び出そうとしています。 別の世界へと旅立つ星かな。

 

題名 船出

 

■解説■

 

その船は、 船出かな。 巨人さんが持ち上げて、 星の海へと船出なのかもしれません。 巨人さんも、 一緒に来るのかな。

 

題名 花

 

■解説■

 

そこは、緑が広がっています。 その緑に、花が一輪、置いてあります。 誰が置いたのかな。 その花をのぞきに、 大きな顔がニョッコ。

 

題名 異世界の窓

 

■解説■

 

足を糸で、 キュイキュイと上へ。 そして、 窓から異世界の泡が流れてきています。 窓の中は、どうなっているのかな。

 

題名 星の電柱

 

■解説■

 

夜空に、 星の川が流れています。 その川へ、 星の電柱がのびています。 星の電柱は、 星の川から、 電気をわけてもらうのかな。

 

題名 鳥

 

■解説■

 

鳥よ、鳥よ。 その鳥は、 とても、大きく翼を広げています。 そんな鳥のくちばしを、つかまる人。 彼は、その鳥と仲良くしたいのかもしれませんね。

 

題名 高いイス

 

■解説■

 

イスに座ろう。 あれれ、 でも、そのイスはとっても、高いね。 その高いイスに、座れば、 キリンにも、 顔を合わして、会話できそうね。

 

題名 うねり

 

■解説■

 

その人の持っている箱は、 うねりの箱。 世界へ、 うねりを作っていきます。 うねりは、 大きく広がり、 やがて、 人が乗れるほどにもなるみたいですよ。

 

題名 魚日和

 

■解説■

 

草原の上で、 ぼんやりとしていると、 魚が、ゆっくりと泳いでいく。 魚は、 草原の草を食べにきたのかな。

 

題名 耳寄り

 

■解説■

 

おやおや、 なんですか。 耳寄りの話ですか。 小人は、 その巨人の耳元で、 何か話しているようです。 いい話かしら。

 

題名 砂漠の割れ目

 

■解説■

 

砂漠が広がっています。 その砂漠には、 割れ目があります。 その割れ目から、 砂漠の主が、ニョコリ。 彼は、砂漠の話をしてくれそうですね。

 

題名 星の感知

 

■解説■

 

その大きな星を、 感知してみましょう。 星の記憶が、 伝わり、 海を感じることができるのかも。

 

題名 航行中

 

■解説■

 

船は、大海を航行しています。 その船は、 三日月に向かって航行しているのかな。 海の先、 地平線の先、 雲の中から、 三日月が、船の到着を待っているのかも。

 

題名 階段にて

 

■解説■

 

階段をくだっていくと、 太陽が寝ているのを、見つけました。 太陽は、 出番まで、 ここで、一休みしているのかも。

 

題名 気球ビル

 

■解説■

 

ビルが、 飛んでます。 そのビルは、 気球ビル。 ふわりふわり。 風と共に、 気球の力で、 どこまでも、飛んでいけそうですね。

 

題名 夢の馬

 

■解説■

 

月が眠る大地。 その大地は、 月の夢の世界かな。 その大地を、 馬は駆け抜けていきます。 彼は、月の夢の馬なのかもしれません。

 

題名 運搬船

 

■解説■

 

一本のロープ。 そのロープは、 運搬船のロープのようです。 運搬船は、 ロープを己の中に通して、 ゆっくりと進みます。 運搬船に乗るお客さんが、 釣り糸をたらすと、グワッ。 大きな生き物が、下を通ったようですね。

 

題名 雨の日の浮き島

 

■解説■

 

その日は、雨です。 雨の中、車を走らせていると、 浮き島に出会いました。 浮き島も、 雨の日は、傘をさすようですよ。

 

題名 ロボットの隙間

 

■解説■

 

そのロボットは、踊ってます。 踊るたびに、 ロボットの隙間から、 海が、広がっています。 その海は、ロボットの大海ともいえるのかも。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん