守川大史のリドラルイラスト2017年03月【解説付きだよ】


題名 頭の旗

 

■解説■

 

その人の頭には、 たくさんの旗があります。 そんな人を、見つけると、 この旗もどうですかと旗をくれる人も現れますね。 旗をのせすぎて、 重過ぎにならないといいね。

 

題名 ゴンドラ

 

■解説■

 

地上、スレスレにゴンドラが浮いています。 ゴンドラには、 怪獣が乗ってますよ。 怪獣は、 空の世界から、来たのかな。 地上へと降りて、 どうするのかな。

 

題名 月の糸

 

■解説■

 

月の材質って、 なんだろう。 くるりくるり。 月からの糸を集めていきます。 月の糸で、 編み物でもするのかな。

 

題名 横長

 

■解説■

 

空を、 悠々と横長が、 通っていきます。 その横長と共に、 星たちに乗って、 旅人もいます。 彼は、横長の行き先に、 行きたいのかな。

 

題名 提灯船

 

■解説■

 

船が、 空を飛んでいきます。 その船は、 提灯船。 提灯の輝きで、 飛んでいるのかな・・・。

 

題名 二つの面

 

■解説■

 

そこが、 自分の面だと思っていると、 みんなも自分と同じ面にいるのかな。 でも、 違う見方ができる違う面もあるのかもしれないね。

 

題名 生き物の上の入り口

 

■解説■

 

その生き物の上には、 入り口があります。 その入り口は、 異世界への扉なのかな。 しっかりと準備して、 入ってみましょうか。

 

題名 飛行船の塔

 

■解説■

 

その飛行船には、 塔があります。 塔は、 その飛行船の動かす力なのかも。 モコモコしながら、 森の人に会いにいこうかしら。

 

題名 魚の調節士

 

■解説■

 

魚が泳いでます。 その魚をあける人。 魚の調子を見ている調節士かしら。 魚にも、 メンテナンスが必要な世界なのかしら。

 

題名 洗濯日和

 

■解説■

 

青空です。 青空を見つけたら、 さあ、 洗濯祭り。 どんどん、干していきましょう。

 

題名 飛ぼうかな

 

■解説■

 

空には、 四角い穴があいています。 その穴から、 建物が伸びています。 その建物へ行くには、どうしょう。 翼を広げて、 飛ぼうかな。

 

題名 二つの塔の星

 

■解説■

 

夜空。 その夜空には、 星がひとつ。 星は、 塔が二つあります。 塔の力が、星に伝わり、 星は、動き出そうとしているのかな。

 

題名 窓辺の怪獣

 

■解説■

 

窓がたくさんある世界。 その窓たちのひとつ、 イスに座って、 窓の外を見てみると、 怪獣がいました。 窓を依る怪獣かしら。

 

題名 泡

 

■解説■

 

泡は、 その筒から、 とめどなく、 流れていきます。 そして、 たくさんの泡は、 不規則な動きの中で、 顔に見れるかも。

 

題名 内部から

 

■解説■

 

それは生き物なのかな、建物なのかな。 その内部から、 人が、外の様子を見ているのかな。 外では、風の妖精が来ているみたいよ。

 

題名 ブレスの光

 

■解説■

 

石の像たちが、 ブレスし合ってます。 激しいブレスの行き来に、 ブレスの真ん中から、 光が見えます。 その光、取れるのかな…。

 

題名 小さな宇宙

 

■解説■

 

その人の体内は、 生命が、 星たちのように、 巡っていきます。 それは、 小さな宇宙ですね。

 

題名 星観戦列車

 

■解説■

 

宇宙を、 トコトコと列車が旅をしています。 流れ星が、列車にとても近くまできて、流れていきますね。 列車は、 星や流れ星を、 観戦するために、 旅しているのかな。

 

題名 ビン

 

■解説■

 

そのビンには、 たくさんの海の砂が入っています。 そんなビンに、 人がいますよ。 スプーンで、すくって、どこかへ運ぼうとしているのかな。

 

題名 タマゴの木

 

■解説■

 

広大な草原を旅していると、 タマゴがありました。 タマゴは、殻を、 いきおいよく破ると、 タマゴの中から、 木がニョロ。 木のタマゴだったのかな。

 

題名 移動するブロック

 

■解説■

 

丘を、歩いていると、 ブロックが、 移動していました。 ブロックだって、 丘を越えたいのかな。 丘の先には、 ブロックが期待する何かがあるのかな。

 

題名 ワニの想い

 

■解説■

 

ワニがいました。 そのワニは、 想いを、具現化しているようです。 想いの中の物たちが、 物質化していきます。 そして、 世界を広げるのかしら。

 

題名 ここ

 

■解説■

 

ポイント、ポイントを、 教えることは、大切。 その竜は、 ここだよというポイントへ、 一直線。 それは、 壁や大地に、見えるけど、 ポイントさえ、突っ込めば、 それは、破れて、 新しき世界へ行けるのかな。

 

題名 雷屋

 

■解説■

 

その人は、雷の平原にいます。 雷の平原は、名前の通り、 雷が、たくさん降る地。 そんな雷を、 雷屋は、専用の機械で、 ポコリポコリ、雷玉へと変換していくのでした。

 

題名 空中道

 

■解説■

 

さあ、 その塔からの光は、 空中道となります。 そんな道で、 さあ、空中散歩へ行こうかな。 カエルさんも、行きたそうですね。

 

題名 水まき

 

■解説■

 

水まきは、大切なコト。 さあ、 水をまこう。 星ごとまくときは、 丁寧にまこうね。

 

題名 水道

 

■解説■

 

おや、 空をながめたら、 こんなところに、 水道がありました。 水の道の中を、 いきおいよく、 水の生き物や潜水艦たちが、 泳いでいきますよ。 水道は、 どこまで続くのかな。

 

題名 温め中

 

■解説■

 

さあ、フライパンで、 調理しょう。 山を持つ生き物の力を借りて、 火は、強火かな。 美味しくできるといいね。

 

題名 提灯

 

■解説■

 

空に、一本のロープ。 そして、 そまロープには、提灯がついています。 空を照らすために、 誰かが作ったのかな。 提灯の火は、 踊ってます。 踊って、空高く、星へと変化していきそうです。

 

題名 自分の空間

 

■解説■

 

個々に、みんな、 自分の空間を持っています。 その人の空間は、 水中の泡のよう空間です。

 

その空間の中で、 ねじ巻きして、 力をたくわえているのかな。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん