守川大史のリドラルイラスト2016年07月【解説付きだよ】


題名 ひとつの光

 

■解説■

 

リョキリョキ。 なんだか、伸びています。 そして、 伸びた先は、炎の台座と変化していく。

 

ためしに、ロウソクに火をつけてみよう。

 

題名 布袋

 

■解説■

 

大きな布袋。 その袋の中には、 生命の水がつまっています。

 

うまく、出していくと、 あちらこちらで、 生命が生まれるのかも。

 

題名 壊れた壁の先

 

■解説■

 

そこは、 壁です。 いえ、 壁でした。 その壁を、 壊して、 先を目指そう。 先には、太陽がありそう。

 

題名 凧を飛ばすビンの精

 

■解説■

 

ビンを開けると、 ビンの精が、 出てきました。 精は、 凧を出してくると、 飛ばし始めましたよ。

 

凧好きの精なのかな。

 

題名 大地つっつく

 

■解説■

 

その生き物は、 大地をつっついていきます。 すると、 大地は粘土のようです。

 

大地ではなく、 粘土なのかな、ここは。 さあ、 つっつくよ。

 

題名 電燈

 

■解説■

 

いくつかある電燈。 みんな、 ついてないけど、 その中のひとつをつけよう。

 

すると、 電燈は目覚めたようですよ。 目覚めた電燈は何を思うのかしら。

 

題名 持てる家の数

 

■解説■

 

その人は、 たくさんの家を持っているようですよ。 それだけ、持っていると街ですね。

 

持てる家の数は、どれくらいなのだろう。 ほどよい街ぐらいがいいのかな。

 

題名 頭の海原

 

■解説■

 

さあ、 船に乗って、 海原に出よう。 その海原は、 その人の頭の上。

 

ふさふさの髪の毛の波をこえて、 新大陸、見つかるかしら。

 

題名 夜の巨人

 

■解説■

 

夜。 夜の巨人が現れました。

 

彼は、 夜と共に、 夜気を高めそうですね。

 

題名 岩ヘビ

 

■解説■

 

彼は、岩ヘビ。 岩で、 のっべりしているのが、 好きです。

 

のっべりしていると、 頭のツノから、 モクモク。 雲かな。

 

題名 星を持つ人

 

■解説■

 

いくつの星があります。 その星たちの中、 ひとつの星に、 人がいます。

 

その人の帽子の先は、 星です。 彼から、旅立って、 流れ星になるのかな。

 

題名 窓へ向かう

 

■解説■

 

その空には、 窓があります。 その窓は、 ケムリがモクモク。 雲かな。

 

さあ、 窓へ、 翼人が向かうよ。

 

題名 考えの木

 

■解説■

 

その人が、熱心に本を読んでいます。 そして、 その読み込みが、 どんどん進むと、

 

頭の上には、 木が生えています。 それは、 考えの木かな。 考えがふくらむごとに、 木が成長していくのことなのかな。

 

題名 雪塔たち

 

■解説■

 

そこは、雪原です。 雪原を、進んでいくと、 雪塔が、たくさん、ありました。

 

どの雪塔にも、 灯火がついていて、 もう、 夜なのかしら。

 

題名 フワリ

 

■解説■

 

傘を持って、 飛ぶこと、 できるかな。 散歩によさげな日。

 

傘をもって、 フワリな散歩してこようかな。

 

題名 本の小部屋

 

■解説■

 

本を開くと、 小部屋がありました。 この本の住人の部屋かしら。

 

本を読み進めると、 さらに小部屋があるのかな。

 

題名 地底人

 

■解説■

 

下へ下へ。 下にいくと、 どんな世界があるのかな。

 

こんな地底人もいるかもしれないね。

 

題名 シカクなさん

 

■解説■

 

空中を、 フワリフワリとシカクなさんがやって来ました。

 

彼は、 四角な世界からやってきたみたいです。 そして、 次はどんな世界へ、 行くのかしら。

 

題名 ロウソク

 

■解説■

 

彼の手のひらに、 いるのはロウソクさん。

 

ロウソクさん、 頭に火で、 小さくなってしまうのか、 心配ですね。

 

題名 月のベット

 

■解説■

 

夜に、 その生き物は、 口笛をふくように、 月を出していきます。

 

すると、 住人は月をベットに寝るのかもしれません。

 

題名 水のドア

 

■解説■

 

そのドアは、 少しどころではなく、 おおいに水気が多そうなドアです。

 

滴る水たち。 ドアの上には、 海があるのかもしれませんね。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん