守川大史のリドラルイラスト2016年06月【解説付きだよ】


題名 胞子

 

■解説■

 

その生き物は、 胞子を飛ばしながら、 歩いています。

 

小さな生き物なので、 胞子を飛ばしすぎて、 体が軽くなりすぎないようにしないとね。

 

題名 浮遊水

 

■解説■

 

浮遊するものは、 なんでしょうか。 どうやら、水のようです。

 

浮遊水。 この水があれば、 飛べるのかしら。

 

題名 頭の住家

 

■解説■

 

うむむ。 頭が、なんだか、重いな。 なんか、 誰が住んでいそう。 気のせいかな。

 

もしかしたら、シロウサギが住んでいるのかな。 そんなわけないよねーうふふのふ

 

題名 湯船の旅

 

■解説■

 

広大なる海。 その海に、 浮かぶ船。 船は、 湯船です。

 

湯船に乗って、 さあ、 旅へ。

 

題名 塔の帽子

 

■解説■

 

友人が、 帽子をかぶってやって来ました。 おや、 なんだか、 高い帽子ですね。

 

そして、 上には人も乗ってそうですよ。 落とさないでね。

 

題名 風に幕

 

■解説■

 

おや、 風が吹いていますね。 そんな風に、幕をのせてみましょう。

 

すると、 幕が大地になってくれるかもしれませんね。 その上で、 えいっと遊ぼうかな。

 

題名 液体な人

 

■解説■

 

ぷかりぷかり。 液体な人です。 体が、液体なので、 たまに大きくなったり、 小さくなったり、 変化していきます。

 

便利なのかしら。

 

題名 水中飛行

 

■解説■

 

今日は、水中飛行の日。 水用飛行機で、 さあ、 水の中を探検ですね。

 

水の中にも、 滑走路があるかな。

 

題名 月の髪

 

■解説■

 

髪が、 夜、ニョキとのびると、 瞬く間に、 髪は、月へ。 髪と月って、 接点があるのかしら。

 

題名 ブロック線

 

■解説■

 

ブロックたちは、 線をひいていきます。 ブロック線。 ブロックたちの道となり、

 

あとから来るブロックたちへの道標になるのかもしれませんね。

 

題名 筒より

 

■解説■

 

筒よ、筒よ。 筒より、生き物が出てきましたよ。

 

生き物は、 ケムリがでていき、 ケムリは、人へと進化していくのかも。

 

題名 月の作り方

 

■解説■

 

さあ、 こんな夜。 月を作ってみよう。

 

月用のランプから、 月の光を出していき、 月を作っていこうかな。

 

題名 小さな大地

 

■解説■

 

小さな大地。 そんな小さな大地から、 小さな芽が出て、 木へ。

 

大きくなったら、 どこかの星に植えようかな。

 

題名 タコの宇宙

 

■解説■

 

その帽子は、 宇宙を作り出す帽子。 帽子が作り出す宇宙は、

 

どこからか、紛れ込んだのか、 タコがいました。 タコの宇宙になるのかな。

 

題名 踊る8

 

■解説■

 

その空は、 8たちが踊ってます。 8たちは、 風になびきながら、 踊っていく。

 

さて、そして、どうなるのかな。

 

題名 キャンプ場

 

■解説■

 

さあ、キャンプ場に行きましょ。 山々を抜けた先、 自然が広がるところに、 キャンプ場があったりしますよね。

 

そのキャンプ場はどこですか。 頭の上かもしれませんねーうふふのふ

 

題名 枝の泡

 

■解説■

 

その枝の先、 カプセルみたいです。 そして、 カプセルからは、 泡が出ていきます。

 

枝の泡かな。 どこかで、 泡はたどりついたら、 枝へと変化するのかも。

 

題名 雲の上の星

 

■解説■

 

その雲を抜けた先、 大空が広がっています。 大空に、ぽつり。 なんだろう。

 

星です。 三日月な形の星。 浮いているけど、 かたむいているように見れるのは気のせいかもしれません。

 

題名 風の流れ

 

■解説■

 

そこは、 風の強いところ。

 

風の流れを、 読んで、 飛ぼうかね。

 

題名 雲からシャボン玉

 

■解説■

 

雲がひとつ。 その雲から、 人が出てきました。 彼は、 シャボン玉を飛ばしていきます。

 

シャボン玉の中には、 上へ上へいくのが、 苦手な玉は、 下の船へとお休みかしら。

 

題名 ナスのランプ

 

■解説■

 

とても大きいなナス。 そのナスは、ランプ。

 

大きなナスのランプを持つその人は、 力持ちさんですねーふふふのふ

 

題名 ロケット台な頭

 

■解説■

 

ボン。 大きな音とともに、 ロケットは飛んでいきます。 その大きな人の頭の上、 ロケット台があります。

 

そのロケット台から飛んでいくのでした。

 

題名 黒電話

 

■解説■

 

チリンチリン。 おや、 電話の音ですよ。 電話かなと携帯出しても、 おやおや、 電話ではないみたい。

 

おや、目の前の黒電話の人でしたか。 失礼しました。

 

題名 変化する生き物

 

■解説■

 

変化は、 常におきます。 その生き物は、 体を自由自在に変化させていきますよ。 手をあげると、さわれそうね。

 

題名 一枚葉

 

■解説■

 

一枚葉。 その葉は、 一枚だけ、 空をヒラヒラ、させていく。

 

両手で、 捕まること、 できるかな。

 

題名 飛竜

 

■解説■

 

その塔で、 待っていると、 空の友達がやってきました。

 

飛竜です。 彼は、遠くから、 あっという間に、 塔まできたよ。 こんにちはー。

 

題名 氷の浮き舟

 

■解説■

 

コップに、 とても冷たい氷を入れてみましょう。 そして、 ロープで、星を結びます。

 

すると、 フワリ。 浮くのです。 それは、 氷の浮き舟として、 浮いてます。 浮いたら、 どうするのかな。

 

題名 階段たち

 

■解説■

 

階段というは、 成長することに、 一段一段と伸びていくものです。

 

伸びていくことで、 同じ階段仲間と出会うことも、 できます。 そあ、 今日も、 出会いを求めて・・・。

 

題名 星一直線とは

 

■解説■

 

その人には、 小さなプロペラがあります。 そして、 行きたい星があります。

 

さあ、 星へ一直線。 その思いは、飛ぶ力を何倍にもするのかも。

 

題名 狭間

 

■解説■

 

階段をのぼっていく。 すると、 狭間がありました。 その狭間を、越えるには、 どんな方法があるかな。

 

気球を使って、 越えていくというのもいいかもね。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん