守川大史のリドラルイラスト2013年04月【解説付きだよ】

題名 まったりと

 

■解説■

 

その人は、

 

大きな生き物を、 背負って、

 

まったりとしています。 そんな二人を、

 

見ている人も、まったりしているようですよ。

 

みんなで、 まったりとした空間って、 いいよね。

 

心、 穏やかにーふふふのふ。

 

題名 土偶さん

 

■解説■

 

ふらふらと、 下から、 現れましたのは、 土偶さん。

 

その大きな目で、 何を見つめているのかなーふふふのふ。

 

題名 星のビル

 

■解説■

 

宇宙を、

 

旅していたら、

 

星を、 見つけました。

 

その星には、 大きなビルがあります。

 

星のビルだね。

 

誰が、 住んでいるのかな。

 

題名 ヘビ

 

■解説■

 

おやおや、 大きなヘビが、 やってきました。

 

そのヘビは、 口を、 パックリと開けました。

 

すると、 誰が出てきたよ。

 

ヘビ使いさんかな。

 

題名 護られる星

 

■解説■

 

その星は、 護られています。

 

大きなヘビの舌によって、 いつも、 護られているようですね。

 

ヘビに護られし星ですねーふふふのふ。

 

題名 目玉

 

■解説■

 

あっ、 一つ目さんだ。

 

一つ目さんが、 目玉焼きを、 食べているよ。

 

何か、 食べながら、 思案中かもーふふふのふ。

 

題名 光を

 

■解説■

 

道を、 歩いていました。

 

すると、 空から、 光が。

 

どこから、 来た光なんだろうか。

 

知らないところで、 世界は、 動くのかな。

 

題名 光量の調節

 

■解説■

 

夜ですね。

 

部屋に、 明かりをと思いました。

 

ライトは・・・ いや、 星ですね。

 

星の光量を、 調節して、 明るさを、 ほどほどにしましょうね。

 

題名 火鉢さん

 

■解説■

 

かくらがあります。

 

その中へ、 入ってみましょう。

 

すると、 火鉢さんがいました。

 

彼は、 無口です。

 

ですが、 ぬくもりを、 誰にでも、 くれます。

 

優しいね。

 

題名 灯台は

 

■解説■

 

海辺近くの夜。 灯台を、 見つけました。

 

彼は、 歩いていました。

 

ひとつの役目を、 終えて、 新しい新天地を、 目指しているそうです。

 

しばらく、 海風が、 気持ちいいね。

 

題名 くらべてみる

 

■解説■

 

二つの質量のもの。

 

それぞれ、 くらべてみる。

 

どっちが、 重いのかな。

 

うーん、 わからない重さも、 重さだねーふふふのふ。

 

題名 長いもの同士

 

■解説■

 

わーい、 仲間、仲間。

 

二人は、 同じ長いもの同士だねー どれくらい、 長いか、 勝負しますかーふふふのふ。

 

題名 目を見つけたよ

 

■解説■

 

おやおや、 ここは、 どこだろう。

 

大きな木が二本、あるね。

 

いや、 それは、 目です。 目を、 見つけたよ。

 

ここは、 その目の持ち主の世界なのかも。

 

題名 箒の夜空

 

■解説■

 

さて、 箒で、 さっさと、 掃除しましょう。

 

掃除していると、 箒の夜空が、 いつの間にか、 出てきましたよーふふふのふ。

 

題名 サラサラ

 

■解説■

 

サラサラ。 サラサラ。

 

何の音かな。 筆で、 文字を、 書く感覚の音ですね。

 

その人は、 筆好き。 手紙を、たくさん、 出すのが大好きなんだ。

 

今日も、 遠くの大陸の向こう側の人へ、 手紙を、 書いているんだよ。 サラサラ。 サラサラ。

 

題名 クマの頭で

 

■解説■

 

こんにちは、 クマさん。

 

おやおや、 頭に、 何かいますよ。

 

ヘビのようですね。 クマとヘビ。

 

似ていない二人が、 出会う瞬間、 不思議な時もあるのですね。

 

そのうち、 ヘビは、 巣立ちます。

 

巣立ったら、 クマさんも、 行こうか。

 

題名 宇宙船で

 

■解説■

 

宇宙空間。

 

その宇宙空間で、 宇宙船がいるよ。

 

宇宙船は、 アームを、 使って、 星たちを、 集めているみたいだよ。

 

たくさんの星たちを、 集めて、 新天地へと運ぶのかな。

 

題名 貝の月

 

■解説■

 

海底には、 貝が、 いました。

 

貝は、 海底で、 夢を見ました。

 

それは、 貝の月がある世界。

 

貝には、 そばに、 月がいました。

 

それは、 夢ではないかもしれませんねーふふふのふ。

 

題名 緑の星を

 

■解説■

 

緑の生き物。

 

彼は、 窓辺にいきました。

 

すると、 自然と、 ゆらりと、 緑の星が、 現れました。

 

新しい星の誕生の瞬間だねーふふふのふ。

 

題名 イカは空へ

 

■解説■

 

イカイカ。

 

いかにも、 イカです。

 

そのイカは、 空を飛びます。

 

大空を、 飛び出すイカ。 大海原とは、 違った世界もいいものだな。

 

イカイカ。

 

題名 葉の雫

 

■解説■

 

たくさんの葉たちがいます。

 

ここは、 どこかな。

 

葉の世界かしら。

 

葉たちは、 夜露から、 雫たちを、 作っていきます。

 

雫は、 どんな味かな。

 

題名 星と月

 

■解説■

 

二人は、 星と月です。

 

高い塔の彼らは、 空が、 夜のカーテンがかかるとき、 ほんわかと光だします。

 

夜の訪れを知らせてくれるのかな。

 

そして、 朝になると、ふふふのふ。

 

題名 星渡り

 

■解説■

 

よっこら

 

よっこら

 

星が、 道を、 ゆっくりとこっちへやってきますよ。

 

急がないで、 自分のペースでねーふふふのふ。

 

題名 新しい木

 

■解説■

 

ふふふのふ。

 

今、 散歩中なんだ。

 

おや、 見つけたよ。

 

新しい木だ。 発見って、 楽しいな。

 

しばし、 木とお話したいなーふふふのふ。

 

題名 きのこ集め

 

■解説■

 

さあ、 さあ、 キノコです。

 

その子たちは、 今、 お忙しそうです。

 

なんといっても、 キノコ集めですから。

 

さてさて、 集めたキノコたち、 どうするのかしら。

 

題名 星からの巣立ち

 

■解説■

 

その鳥は、 ずっと、 その星にいました。

 

どれくらい、 いたのかな。

 

生まれてから、 ずっと。

 

そして、 鳥は、 決心したのです。

 

巣立つことを。 さあ、 行こうか。

 

題名 ハート

 

■解説■

 

ほら、 見て。

 

ぼくのハート。

 

その人の胸から、 ハートが、 ゆらゆら。

 

ハートは、 どこかへ行くのかな。

 

おやおや、 誰か、 のぞいているかもしれませんねーふふふのふ。

 

題名 メガネのサカナ

 

■解説■

 

その人は、 メガネさんです。

 

そして、 そのメガネの中には、 プカプカっと、 サカナさんが、 いますよ。

 

きっと、 サカナたちが、 集まりやすい場所なのでしょうねーふふふのふ。

 

題名 水たまり

 

■解説■

 

雨の日。

 

水たまりが、 あっちこっち。 そんな水たまりを、 いきよいよく、 シューズが。

 

すると、 水たまりの水が、 水滴になって、 ぼくらをどこかに連れて行って。

 

ぼくらは、 冒険がしたいんだ。 そんな声が聞こえるのかも。

 

題名 葉流し

 

■解説■

 

さて、 葉があります。

 

大きな葉。

 

どうしますか。

 

その葉に乗って、 川を、 下っていこうかしら。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん