守川大史のリドラルイラスト2012年02月【解説付きだよ】

題名 カタツムリの家の移動

■解説■

えっちらこっちらと動くものがあります。どうやら、カタツムリのようですよ。カタツムリが、移動しています。そして、そのカタツムリは、家のようです。カタツムリのようで、実は移動する家なのですね。どちらへと行かれるのかしら。

 

題名 楕円は美味しい

■解説■

いろいろな形というものがあるものです。中には、美味しい形というものがあります。美味しい形は、その人、それぞれなのですね。

 

題名 福耳の入り口

■解説■

福耳って、なんだろう。なんだか、見ているだけで、心癒される。和ませる効果がある気がします。そんな福耳なので、どこか、幸せな世界への入り口も隠れているのかもしれませんよね。

 

題名 流れるボタンたち

■解説■

ボタンたちは、流れていきます。ボタンとは、一箇所に、留められていくものです。ですが、時と共に、ちょんなことから外れたり、して消えていくこともあります。そんなボタンたちが、集まって、ボタンの国へと行くのです。さあ、流れよう、ボタンたち。

 

題名 ペリカン温泉

■解説■

温泉って、気持ちいい。でも、温泉が目の前にないときがあります。そんな時は、彼をわびます。ペリカンのような生き物は、口を、大きく開けると、さあ、そこには、温泉が広がっているのです。

 

題名 水のロケット

■解説■

水の力が、強いところが、あります。そんなところでは、水たちが、力を合わして、水のロケットを作っています。もうすぐ、打ち上げかな。

 

題名 プリンの居眠り

■解説■

プリンがありました。食べようかなと思ったら、気持ちよさげに寝ています。しばらく、そっとしてあげるためにも、散歩にでも行こうかしら。

 

題名 ねえねえ

■解説■

森で、何かが、音がします。おや、ネズミさんのようです。ねえねえとネズミさんから、話しかけていたのですね。なにかなと耳をかたむけよう。

 

題名 雲が生まれる場所

■解説■

たくさんの雲たち。どこから、やってくるのだろうか。雲職人が、雲作り用のバケツで、作っているのかも。さあ、いい雲を作ろう。

 

題名 箱からヘビ

■解説■

箱がありました。箱から、何かが出てきました。ヘビのようです。この箱は、ヘビの道の一環だったのかもしれませんね。

 

題名 花模様の塔

■解説■

花模様が、たくさんの世界。その世界で、花模様は、塔にもなるようです。花模様の塔ですね。さあ、花咲け、世界よ。

 

題名 子リンゴたち

■解説■

大きなリンゴと出会いました。すると、その大きなリンゴには、子リンゴたちが、上に乗ってますね。親子で、散歩かな。

 

題名 ウサギの壁

■解説■

たくさんのウサギたちが、います。ウサギたちは、重なり合い、壁へとなっていきます。ウサギの壁はどこまで続くのかな。

 

題名 雲のような後ろ

■解説■

その人の後ろは、なんだろう。もくもくとしたもの。雲のようなものですね。雲のようなものは、どこへと続くのかしら。

 

題名 手袋ウサギ

■解説■

手袋です。温かいですね。温かさで、手袋が、もくもくと変化していきます。そして、手袋ネズミへとなりました。こんにちは。

 

題名 ガラス変化

■解説■

おっと、火が強めかな。ガラスは、刻々と変化していきます。まるで、長い年月で、変化していく星のように。おや、だんだん、星へと変化しているのかもしれないね。

 

題名 真夜中の餌

■解説■

さあ、餌の時間ですよ。その塔へのぼっていきます。すると、頂上から、餌をあげている人と出会いました。こんばんは。魚たちは、元気ですか。

 

題名 化石の土

■解説■

土が、動く。年月と共に、土は肥大化していきます。その肥大した土の中で、化石があります。歴史の証人たちですね。

 

題名 時計の上で

■解説■

時間通りに、起きたいな。どうしたら、時間通りに、起きれるのかな。そんなとき、時計の上で寝てみようかな。楽しいのかも。

 

題名 はい、口をあけて

■解説■

ここは、歯医者さんのようです。おや、大きな生き物がやってきましたよ。大きく口を、あけました。どれどれ、のぞいてみましょう。

 

題名 ヒツジくん

■解説■

こんにちは、ヒツジくんですか。おやおや、頭に、誰か、住んでいますよ。誰ですかね。共生生活かもね。

 

題名 煙箱

■解説■

箱が、すたすたと歩いていきます。ここら辺で、いいかしらと箱は、ふたを開けました。すると、箱から、煙がたくさんです。煙箱だったのですね。

 

題名 ミイラの布は

■解説■

洞窟の奥へ奥へと、進んでいくと、ミイラと出会いました。ミイラは、ミイラの布をゆらゆらとさせています。ゆらゆらとしたミイラなのですね。

 

題名 いい話

■解説■

もしもし、ちょっとお耳を拝借していいですか。ちょっと、いい話があるのです。こんな話はどうですか。おっ、心動くのかも。

 

題名 ニンジンの旅

■解説■

雪が降ってきました。ニンジンは、雪の中を進みます。それが、ニンジンの旅なのです。ニンジンの旅は、雪でも雨でも晴天でも、進むのかな。

 

題名 星の顔

■解説■

角から、いくつもの星が現れましたよ。星たちは、規律よく、並んでいきます。おや、顔です。星の顔なのでしょうか。

 

題名 星へ

■解説■

さあ、ゆっくりと前へ進むよ。星は、目印だよ。そして、目的地ですよ。星を目指して、星の方向へ行こう。

 

題名 ネクタイさん

■解説■

さあ、ネクタイくんをつけてみよう。すると、ネクタイくんは、さわっとつけられて、気分よさそうです。どこへ行こうか。

 

題名 口の中へ

■解説■

大きな口ですね。まるで、口の中へと入れそうな気もします。みんな、彼の口の中が、好きなのかもしれません。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん