守川大史のリドラルイラスト2011年11月【解説付きだよ】

題名 腕の道

■解説■

腕を、伸ばしてみましょう。すると、腕は、道として、車が走ることもあります。さあ、ドライブ日和です。どこに行きましょうか。

 

題名 石の花

■解説■

大地には、いろいろな力が働いています。そんな力が、地中の石たちが、花の性質を付与されることもあるようです。石の花ですね。

 

題名 巣立つ

■解説■

いくつもの者たちがいます。その中で、時期が来た者がいます。巣立ちです。ゆっくりと、進んでいき、どこかの新天地を目指すのでした。

 

題名 四角青クジラ

■解説■

進んでいくと、出会いました。それは、四角いです。そして、青いです。それが、四角青クジラのようですよ。プクプクプー。

 

題名 星で見つける

■解説■

いくつもの星があります。ひとつの星を、見つけました。その星で、見つけました。小さな芽です。きっと、大きく育つでしょう。

 

題名 瓶詰めの世界

■解説■

世界って、なんだろう。世界によっては、瓶詰めの世界があるかもしれません。瓶の中でも、世界は広がります。

 

題名 大地のワニ 

■解説■

大地を、歩いていきます。すると、歩いていると、ワニと出会いました。大地のワニです。大地のワニに出会えることって、珍しいですね。

 

題名 魚の風船

■解説■

魚の風船。カタカタと進んでいきます。風船と共に、風船を持つ者は、ついていきます。風船の行き先が、その者の行き先です。

 

題名 ジョウロより

■解説■

ジョウロの人がいました。ジョウロの人は、ときおり、クジラの潮吹きのように、いきおいよく、ジョウロの口から水が出ます。水の中には、水の世界の住人も、まぎれているようですよ。

 

題名 液体から山

■解説■

プヨプヨと液体が、上へとのびていきます。のびていく液体は、形を成して、大となります。大きな山の誕生です。

 

題名 おしゃれな葉

■解説■

葉たちは、とても、おしゃれです。葉を、キレイにカットしていきます。そうすることで、葉は、一人前になるのかな。

 

題名 大地を支えるクワガタ

■解説■

クワガタ、そのクワガタは、大地のクワガタです。大地を、その二本のツノで、大地を支えています。クワガタと共に、大地は生きていくのかもしれません。

 

題名 建物たちの会話

■解説■

建物たちがいました。建物たちは、静かです。けれど、よくよく耳をかたむけてみてください。建物たちの会話が聞こえてくるかもしれません。

 

題名 紅葉の船出

■解説■

紅葉。色の広がりが、海のようです。船を、一艘、出してみましょう。すると、いきおいよく、風をうけて、進みますよ。

 

題名 モグラ道

■解説■

モグラのトンネルって、なんだろう。そこだけは、モグラが作った世界なのかもしれません。それが、モグラ道なのかな。

 

題名 カボチャの海域

■解説■

カボチャの海域です。カボチャの人によって、作られた海です。カボチャの海域では、カボチャな海の気分になるのかな。

 

題名 進もう、おたまじゃくし

■解説■

グイグイと進もう。それが、おたまじゃくしだから。進むことで、一歩一歩、成長していくのかな。おたまじゃくは、今日も進むさ。

 

題名 月のヨット

■解説■

月。それは、なんだろう。海に出てみようと思った時、月しかなかったら。月を、船にして、夜の船遊びでもしてみましょうか。

 

題名 まったり飛行船

■解説■

まったりまったり。まったりと飛行船がやってきました。ゆったりとした時間って、大切ですよね。まったりと行こう。

 

題名 電波の人

■解説■

電線は、どこまでも伸びていきます。その電線を中継する電波塔。それは、みんなの声を中継してくれるものなのかもしれません。

題名 チクワキリン

■解説■

おでんの季節です。グツグツと煮込んでいます。すると、おでんの匂いに、誘われて、チクワキリンがやってきましたよ。

題名 水中へのロケット

■解説■

ポコポコポコ。ロケットが、水の中を見たいなと思いました。そして、ロケットは、水の中へと入ってみることにしました。こんにちは、水の世界。

題名 組み立て中のロボット

■解説■

カチコチカチガチャン。金属音がします。なんだろう。おやおや、ロボットが、自分を組み立て中のようですよ。何か、手伝えるかな。

題名 星の休憩中

■解説■

星が、休憩しています。休憩中の星は、栄養補給しているようです。ぐいぐいと、飲んでいきます。元気に、明日からも、星は回ります。

題名 竜のカバン

■解説■

おや、手さげカバンですか。首から、さげると、首さげカバンかな。竜は、ちょっとだけ、意気ようようにカバンをさげています。きっと、カバンの中身は、竜にとってのたいせつな心の一部なのかもしれませんね。

題名 ちょっと開けると

■解説■

その生き物は、進んでいきます。その生き物には、扉があります。ちょっと開けると、人がいましたよ。中は、どうなっているのかな。

題名 薄い竜

■解説■

その生き物は、カタカタと動いています。内部で、変革を起こして、吐き出すものはなんだろう。それは、竜です。薄い竜のようですよ。これから、膨らむのかと思います。それとも、薄いままなのかな。

題名 海の白身

■解説■

海の白く見えるところって、なんだろうか。白身かな。白身だと、そこだけ、うまく、渡ろうとすると、渡れそうな気がします。テクテク。

題名 ウトウトの壁

■解説■

壁が、ウトウトしていますよ。眠いのかな。それを、見ていたら、人もウトウトしてしまいそうですね。

題名 旅する金庫

■解説■

金庫です。旅する金庫です。金庫は、大海原を進みます。そんな金庫には、どんな運命が待っているのかな。気になるところです。

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん