守川大史のリドラルイラスト2011年07月【解説付きだよ】

題名 フォークの流れ

■解説■

フォークの流れって、いい気がする。ちゃんとした決められたルールの下、流れていくフォーク。きちんとしたい人には、最適です。スィーンスィーン。

 

題名 植物の水流れ

■解説■

植物の流れ。それは、水のように流れることもあります。水のように、広がっていきます。気付けば、自然いっぱいなことになるのかもしれません。

 

題名 放出される夢

■解説■

夢って、なんだろう。放出されていく夢。旅立つ夢たちは、それぞれ、大きくなっていく。それが、夢ってものなのかな。大きくなってね、夢たち。

 

題名 箱の世界

■解説■

その箱の中にいるだけで、幸せなときがあります。箱って、快適だな。でも、もしも、勇気があれば、ちょいっと出てみるのもいいかもしれませんね。

 

題名 笑顔壁

■解説■

壁って、どんな表情なのだろうか。よくよく、見ていくと、笑顔が見えてくる気がします。そして、会話できそうな気もしますね。何、話そうか。

 

題名 ニンジンさん

■解説■

はい、ニンジンさんです。今日も、元気よくニンジンなライフを過ごします。大地の恵み、太陽の恵み、自然のすべての恵みが、きっと、友だちなのでしょう。

 

題名 シロップをかけるガラス瓶

■解説■

さあ、シロップをかけましょうという感じで、ガラス瓶がやってきましたよ。彼は、シロップを求める人のところへやってくるのです。さあ、かけますよ。

 

題名 サカナタイル

■解説■

いろいろな重なり合い。それが、タイル。タイルを、よく見ていると、サカナが見えてくるような気がします。それが、きっとサカナタイルなのでしょう。

 

題名 自分のボタンを捜そう

■解説■

そこは、ボタンがたくさんある部屋です。ボタンが、たくさんあると、迷ってしまう。でも、ゆっくりと自分の流れさえ見つければ、自分のボタンが見つかるかもしれません。

 

題名 みんな仲間

■解説■

みんなで、行こう。生き物だろうと、物だろうと、植物だろうと、みんな、仲間。仲間は、みんなで行こう。そうすれば、何が変わりそうです。

 

題名 ストローの水滴

■解説■

ストロー。スースーしていくと、素敵たちが生まれます。きっと、どんどん、仲間たちが生まれてくるのでしょう。さあ、スースーです。

 

題名 蓋開け

■解説■

蓋がないようなところでも、よく捜せば、蓋があるものです。蓋を開けると何が出てくるのか。それは、新しい友かもしれませんね。

 

題名 ゴルフとグリーン

■解説■

どうやら、ゴルフ場かな。さあ、入るかな。入らないかな。たとえ、入らなくても、行動したことの大切さって大切なのでしょう。

 

題名 道を別れて

■解説■

いろんな道。それらを、選んで進んでいく。どれか、いい道なのか。暗い道でも、進まなければ行けないときがあります。進もう。闇雲でも。

 

題名 鼻道

■解説■

その生き物の鼻が、少しおもしろいです。鼻から道が出来ているのです。鼻道ですね。きっと、鼻道って、誰かを輝かせたいという思いで、出来るのかも。

 

題名 月ウサギ

■解説■

月と仲良しのウサギたち。月の性質に、近づきすぎて、月ウサギとなったウサギがいますよ。きっと、月の気持ちが、よくわかることでしょう。

 

題名 歌う力

■解説■

歌って、なんだろう。歌うことによって、四方へ八方へと広がることがあります。自分だけではない、何かのスイッチが入りそうです。

 

題名 着陸

■解説■

さあ、もうじき着陸の時間です。ヒコーキが、いきおいよく着陸大地へと近づいてきますよ。しっかりと、見て、しっかりと着陸しましょう。

 

題名 傘上の眺め

■解説■

傘の上からの眺めって、どうなんだろう。普段は、傘の下にいるから、わからないことがわかりそうな気がします。何がわかるのかな。

 

題名 一筋の水

■解説■

一筋。一筋だけ、水がほしい。そんなとき、壁が立ちはだかる。でも、きっと、どこかにチャンスはあって、水は出てくるのではないかな。

 

題名 米粒を渡そう

■解説■

道を、進むと、大きなでんとしたものがあります。お椀です。お椀は、大きく、道は上へと続いているようです。その道の上では、人が米粒を渡そうとしているようです。落としてしまったのかな。

 

題名 飴の時間

■解説■

飴の時間です。飴を、なめましょう。すると、飴たちが広がっていきます。飴たちは、空も飛んでいくのかな。きっと、飴も飛びたいのだろうね。

 

題名 鯉のぼりの帽子

■解説■

鯉のぼり。鯉のぼりは、たまには、棒以外にいたいなと思いました。そばにいた帽子をかぶった人に頼んで、帽子に鯉のぼりがつきましたよ。さあ、走りましょう。

 

題名 合う形

■解説■

それぞれの形があります。そして、その形が合う時があります。きっと、その時こそ、息の合う流れが生まれるのでしょう、ふふふのふ。

 

題名 赤茄子

■解説■

茄子さんが歩いています。赤い茄子さん。赤茄子さんですね。枝にしがみつけば、運んでいってもらえるのかも。どこへ連れて行ってくれるのかな。

 

題名 粒子移動

■解説■

粒子が、いくつもの小さなモノへと変化して、移動していきます。きっと、移動することで、前へ前へと進んでいくのかもしれません。

 

題名 水滴の集まり

■解説■

水滴たちが、ぼとんぼとんと落ちていきます。そして、彼らは、集まります。きっと、どこかへ遠足かもしれないね。さあ、行こう。

 

題名 海の顔

■解説■

さあ、進もうと船を動かします。煙をあげて、進んでいく船。その船が通った跡が、海の道のようにつきます。そんな海は、ある人の顔のようですよ。

 

題名 口の洞窟

■解説■

その人は、洞窟です。洞窟の奥へと、進むと出会えます。たまに、口まわりを、調節してあげると、感謝されるみたいですよ。

 

題名 クロネコさんの

■解説■

コップには、クロネコさんが描かれています。きっと、作った人はネコ好きさんなのかもしれません。そんなクロネコさんの後ろは、ビョーンとどこへと続いています。どこへ続いているのかな。

 

題名 みんな、いっしょに

■解説■

みんな、頭の上に集まってます。みんなで、集まれば、怖くないのかも。きっと、仲良しって、素敵なことなのでしょうね。

 

守川大史の外部情報

facebookページ

Twitter

協力している演劇団体のJoinさん